お得に活用 ローン借換え

求償権と消滅時効

求償権と消滅時効について、求償権というのは、他人の債務を弁済した人が、その他人にたいして有する償還請求権のことになります。つまり、お金を借りた人にかわって、立て替えるということですね。たとえば、友達の借金の保証人になってしまって、その友達がいなくなってしまった、連絡がとれなくなってしまったといった場合、保証人である人が、友達の借金を払うことになります。払ったあとで、行方不明になった友人がみつかった、あるいは、連絡先がわかったという場合、その友達にお金を返してくださいと請求することができます。

ただし、長期間権利を行使しない場合は、この権利が消滅してしまいます。つまり時効になってしまうということです。その時効までの期間はどれぐらいかというと、民法の適用だけでは10年、商法の適用だと5年という決まりがあります。

商法の適用というのは、当事者のどちらかが会社であったり、仕事として用いるといった場合です。つまり、本人か友達のどちらかが会社としての借金だった場合、商法が適用になり、5年ということになります。大切なのは、保証人として債権者に返済してから、友達がみつかったときまで、どのぐらいの日数が経過しているか、これを正確に把握しているということがポイントです。基本的な考え方はこのようになりますが、法律上細かい規定などもありますから、法律の専門家に一度相談するのがよいでしょう。

 

Copyright (C) 銀行カードローン借り換えをお得に All Rights Reserved