お得に活用 ローン借換え

担保掛け目とは

担保掛け目とはなんでしょうか。担保掛け目とは、一定の比率のことをいいますが、金融機関が住宅ローンなどの融資金額をきめるときの要素のひとつとして、借り入れる人が担保にする不動産の担保件実行時の処分値を推定するために、金融機関であったり、保証機関が評価した価格などに一定の比率をかけて、不動産の担保の査定価格を出します。この一定の比率が担保掛け目ということになります。

担保掛け目は、だいたい70%程度ということになっているようです。これは、住宅ローンの種類や保証機関を利用しているかどうかできまります。ここで、住宅ローンに関しての、担保掛け目は、本人が住む住宅を担保に差し入れるといったことがありますので、一般的な貸し出しなどよりは優遇されているようです。

これは、一般的な銀行による住宅ローン審査での考え方です。住宅の価値に対して住宅ローン借り入れ希望額の割合になりますから、住宅の価値が購入時である場合は、売却価格の評価の低い方をいいます。例えば担保掛け目が100%という計算結果になった場合、頭金はゼロということになります。ただし、担保掛け目が80%という審査基準を設定している金融機関の住宅ローンもあるので、考慮する必要があります。住宅ローンの審査は微妙な点がありますので、できれば公の機関の無料相談やファイナンシャルプランナーに相談して、しっかりとプランを立てるのがよいでしょう。

Copyright (C) 銀行カードローン借り換えをお得に All Rights Reserved