お得に活用 ローン借換え

対人担保と対物担保

対人担保と対物担保の違いは、対人の場合は人が担保になるということで、債権保全のうちのひとつです。債務者以外の人が債務者に変わってその債務を請け負う契約のことをさします。主となる債務者が債務を行わない場合、債務者に変わって債務を請け負う保証であったり、複数の債務者に対して責任を負う場合の連帯債務といった種類があります。

これに対して、対物担保は、物的担保、物上担保とも言われていて、特定の権利や者などの財産が担保になるというものです。債務者や第三者の財産に対して、直接支配することができる権利を設定され、仮に債務者が、返済をできないといった場合に、この財産に対して債務を履行することができるというものです。抵当権、質権、譲渡担保がこれにあてはまります。

抵当権は、特定の債権を保全するための担保権になります。質権は、債権者が債権の担保として、保証人などから受け取った物を、債務の弁済があるまで留置して、返済がなかったときに、その質としての物に対して、優先弁済を受ける権利を言います。譲渡担保は、担保物の所有権を債権者に移転して、返済が行われないときに、その担保物をほかに移すことで弁済を受ける権利をいいます。こうした、金融に関する用語というのは、一見難しく、理解しがたいところがありますが、ネットなどで確認できますので、一度調べてみましょう。

Copyright (C) 銀行カードローン借り換えをお得に All Rights Reserved